iphone xperia ipad PC活用術 無料で楽しむ ツール コピー エミュ ゲーム

2015年07月31日

絶望のソニー、その惨状 平井社長への不信充満、成長戦略に疑問相次ぐ



Microsoft Store (マイクロソフトストア)







セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア


絶望のソニー、その惨状 平井社長への不信充満、成長戦略に疑問相次ぐ
Business Journal 7月25日(土)6時0分配信

絶望のソニー、その惨状 平井社長への不信充満、成長戦略に疑問相次ぐ
ソニーのロゴ
 ソニーが「資産切り売り」と酷評されたリストラの終了を宣言、成長への舵を切った。だが同社株主や株式市場関係者の間では、それを評価する声は少ない。逆に「リストラは、まだ終わっていない。新しく打ち出した成長戦略も穴だらけ」(市場関係者)という声が多い。6月23日に開催された株主総会でも、成長戦略をめぐって経営陣と株主の溝が明らかになるなど、同社が示した成長シナリオは批判にさらされた。

 果たしてソニーは、本当に復活できるのか――。

●株主と経営陣の溝

 株主総会で平井一夫社長は、中期経営計画(2012-14年度)の目標が未達となったことを冒頭で陳謝-。次いでパソコン事業の撤退、テレビ事業の分社化、本社・販売会社のリストラなど一連の構造改革の成果に触れ、「モバイル・コミュニケーション分野(スマートフォン事業)以外の課題はすべて解決した」と述べ、16年3月期の純損益が3期ぶりに黒字(1400億円)に転換するとの業績予想に自信を示した。

 その上で2月18日に発表した新しい中期経営計画(15-17年度)の基本方針に掲げた「収益性重視の経営、各事業部門の自立と株主視点重視の経営、各事業の位置付けの明確化」の中身を説明。「前中計のテーマは『変革』だったが、新中計のテーマは『利益創出と成長に向けた投資』になる」と、「平井改革」が新ステージに移ったことを強調した。

 要するに「従来のエレクトロニクス事業に依存したビジネスモデルから、電子部品、ゲーム、映画・音楽、金融(生保)などで収益を稼ぐ『脱エレキ』のビジネスモデルに転換する」(証券アナリスト)というものだった。

 平井氏のこの説明に対して、総会に出席した「ソニーファン」といわれる株主の多くから「ソニーの固有技術を、なぜ利益創出につなげようとしないのか」と、不満を示す声が相次いだ。また、経営陣への質問では、同社OB株主が平井社長に過去10年間の敗因をただす次のような場面もあった。

「私はかつてソニーの中間管理職だった。今の惨状は、まさに今昔の感がする。この10年間でソニーは、なぜここまで凋落したのか? 平井社長の説明を聞きたい」

 これに対して平井氏は「私たちも社内で、この問題を議論してきた。コスト、市場環境の変化など、さまざまな要因がある。だが、確実にいえるのは、海外の競合メーカーは為替の面でのコスト競争優位を背景に、積極的な価格で商品を提供してきた。その中で当社も価格とスペックで競争をしようとしすぎた。それが私の分析だ」と従来の持論を披露。続けて、「本来のソニーは手触りや意外性などがスペックに付加価値をもたらす、感性の高い商品を提供してきた。今後も、そうした感性価値のある商品を提供してゆく必要がある」と付け加えた。
posted by えくぼ at 23:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタバ、味の目隠し調査で最下位…最大の敵はコメダ、米国本社の管理強まる?



Microsoft Store (マイクロソフトストア)







セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア



スタバ、味の目隠し調査で最下位…最大の敵はコメダ、米国本社の管理強まる?
Business Journal 7月25日(土)6時1分配信

スタバ、味の目隠し調査で最下位…最大の敵はコメダ、米国本社の管理強まる?
スターバックスのドリップコーヒー
 筆者が主宰する「経営者ブートキャンプ」の特別講師として、スターバックス コーヒー ジャパン前社長の岩田松雄氏をお招きした。岩田氏は2011年まで同社の指揮を執り、退任後すでに5冊もの著書を刊行している。

 25名ほどのクラスで1時間半ほど話していただき、質疑応答が30分ほど。いつものように議論活発で濃密な時間となった。

「スタバにはマニュアルがない、と言われますが、そんなことはありません。コーヒーの入れ方などについて、つまりオペレーション・マニュアルはしっかりあります。しかし、サービス・マニュアルというものがないのです。その代わりに『Just Say Yes!(できませんとは言いません)』という標語があり、道徳、法律、倫理に反しない限り、お客様が喜んでくださることは何でもして差し上げるというのが、世界中のスタバの方針なのです」(岩田氏)

 スタバの店員のほとんどはアルバイトだが、彼らは「パートナー」と呼ばれ、本社は「サポート・センター」と称される。

「言葉って、とても大切なんです。スタバの離職率は、パートナーも含めてとても低い。それはスタバの経営が、チェーン店であるにもかかわらず、マニュアルではなくミッションをベースにしているからです。スタバは『感動経験産業』として、仮想競合としてはリッツ・カールトンやディズニーリゾートを想定しています」(同)

 ちなみにこのスタバのミッションは同社のHPに掲載されているので、興味のある方は参照していただきたい。

 岩田氏の講義では、米国スタバ本社創業者でCEOのハワード・シュルツ氏との会見譚などが語られ、とても興味深かった。岩田氏が退任してからもスタバは順調に日本で業績を伸ばし、5月には鳥取県に出店し、全都道府県に展開するに至っている。鳥取店のオープンには1000人以上の客が並び、大きく報道された。店の総数は7月現在で1111店。

●米国本社による完全子会社化の意味

 順風満帆に見えるスタバであるが、1000店の大台を達成して次の段階への飛躍を虎視眈々と狙っているようにみえる。それは、最近の資本移動からもうかがえる。

 今年3月に米国スタバ本社は日本法人を公開買い付けによって完全子会社化した。そもそも日本法人は、日本のサザビーリーグ社との合弁で1996年に1号店を開業して、01年10月には大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(スタンダード)に上場した公開会社だった。
posted by えくぼ at 22:46 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエーはユニクロよりすごかった…「消滅」で蘇った鮮烈な記憶



Microsoft Store (マイクロソフトストア)







セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア



ダイエーはユニクロよりすごかった…「消滅」で蘇った鮮烈な記憶


 故・中内功氏が創業し、一時は連結売上高3兆円超の流通帝国に成長したものの、拡大主義が行き詰まって凋落(ちょうらく)したダイエー。かつてのライバルだったイオンの傘下となったうえ、赤字続きの経営状態から早期に脱却するため平成27年1月1日付でイオンの完全子会社化となり、食品特化の店舗として再生を目指すことを決めた。約半世紀にわたって親しまれた店名も30年度をめどにイオン系列のブランドに転換されるが、その進取の気風にあふれた商魂は消費者の記憶に刻まれている。(栗川喜典)

 ■ダイエーらしさ

 「ダイエーのプライベートブランド(自主企画商品、PB)の『セービング』の食品がイオン系列の別ブランドに代わってから、全然おいしくない」

 イオンによるダイエーの完全子会社化に伴い、ダイエー株とイオン株との株式交換契約の承認を得るため、神戸市内で11月26日に開かれたダイエーの臨時株主総会。株主680人が出席する中、質問に立った男性株主は辛辣(しんらつ)な口調で、イオン主導によって「総合食品小売業」に特化するというダイエーの行く末に懸念を示した。

 また、別の女性株主は、今はなきダイエーグループの会員制ディスカウントストア「Kou,S(コウズ)」のような店舗の復活を望み、「ダイエーで買い物するのが好きだった」と懐かしんだ。

 ただ、こうした株主らの発言を単にノスタルジーとは片付けられない。メーカー既製品より安くておいしいPBの先(せん)鞭(べん)をつけた「セービング」も、店舗のコストを極力抑えて卸に近い価格で販売した「コウズ」のような斬新な店舗も、かつてのダイエーが消費者を引きつけた進取の気風を象徴しているからだ。
posted by えくぼ at 22:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米アップル、9月に「アップルTV」次世代版を発表=報道



Microsoft Store (マイクロソフトストア)







セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア



米アップル、9月に「アップルTV」次世代版を発表=報道
ロイター 7月31日(金)10時3分配信

米アップル、9月に「アップルTV」次世代版を発表=報道
 7月30日、オンラインメディアのバズフィードによると、米アップルは、テレビに接続して動画などを再生する機器「アップルTV」の次世代版を9月に発売する。写真はロゴ、ニューヨークの販売店で21日撮影(2015年 ロイター/Mike Segar)
[30日 ロイター] - オンラインメディアのバズフィードによると、米アップル<AAPL.O>は、テレビに接続して動画などを再生する機器「アップルTV」の次世代版を9月に発売する。新たなリモコン機能を搭載し、音声操作機能「Siri(シリ)」にも対応するという。

見た目はこれまでよりもスリムになり、リモコンにはタッチパッド機能を搭載。オンボードストレージの容量も増え、「大幅に改善」された製品になるもよう。

アップルはうわさや憶測にはコメントしないとしている。

アップルTVは2013年以降更新されていない。

6月に行われた世界開発者会議(WWDC)で新バージョンが発表されるとみられていたが、同社は音楽ストリーミングサービス「Apple Music(アップル・ミュージック)」を発表した。
posted by えくぼ at 22:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

果たしてWindows 10は7を上回る勢いで普及するだろうか



Microsoft Store (マイクロソフトストア)







セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア



果たしてWindows 10は7を上回る勢いで普及するだろうか
週刊アスキー 7月14日(火)7時0分配信

 7月29日(水)に迫ったWindows 10の無償アップグレード開始まで、残すところあと約2週間。まもなく最終のRTM版が、PCメーカー向けに提供される見込みとなっています。

関連写真リンク

果たしてWindows 10は7を上回る勢いで普及するだろうか
写真:週刊アスキー
 一方で、2015年のPC市場は昨年の反動もあり、低調な推移と続けています。果たして、Windows 10の登場でPC業界が再び盛り上がる可能性はあるのか、直前予想をしてみたいと思います。
 
低迷するPC市場に立ちはだかる無償アップグレード
 
 米調査会社IDCによる2015年のPC市場は、2015年第1四半期が前年比6.7%減、第2四半期は同じく11.8%減と、低調に推移しています(いずれも世界市場での出荷台数)。昨年の同時期にはXPのサポート終了に伴う買い替えが盛り上がったのに対し、今年はWindows 10登場を見越した買い控えも含め、落ち込みがみられます。
 
 Windows 10の登場による盛り上がりが期待されるところですが、そこにブレーキをかける可能性があるのが、7月29日から順次始まる無償アップグレードです。最初の1年間は無償という”ブースト”をかけ、マイクロソフトは3年で10億人のユーザーを獲得するという高い目標を掲げています。
 
 近年で最も成功したといえるWindows 7は、登場から3年で40〜50%程度のシェアを獲得しています。これと比較すると、マイクロソフトはWindows 10に対して7と同じか、それ以上の勢いを期待していることが分かります。
 
 これに少し不安を覚えているのがPCメーカーです。今夏にもWindows 10搭載のPCはいくつか登場するものの、主要な新製品は年末商戦に向けた10〜11月まで待つ必要がありそうです。そのため、既存PCのユーザーが次々と10にアップグレードし、そのサポートの電話が鳴り止まない一方で、10世代の新型PCは伸び悩む――そんな悲観的なシナリオは、避けたいものです。
 
Windows 10の本当のメリットは何?
 
 逆に、Windows 10への移行ペースはもっとゆるやかなものになるのではないか、という見方もあるでしょう。
 
 iOSやAndroidでは、OSのアップデートは基本的には歓迎されています。アップデートが提供されないキャリア版のAndroid端末では、不満の声が上がるほどです。これはOSが新しくなることで、動作が軽くなったり電池持ちが良くなるかもしれない、といった期待があるからでしょう。
 
 一方、Windowsはすでに完成度が高く、使い方も決まっています。たしかに8.1や10では、より高速で安全になり、最新のハードウェア規格に対応するなど、確実な進化も期待できます。しかしそれ以上に、8では使い勝手が変わることに不満が高まりました。
 
 この教訓を生かし、Windows 10は7と同じ使い勝手に戻したことをマイクロソフトはしきりにアピールしています。これは7ユーザーを安心させる反面、10に上げることで得られる具体的なメリットが何なのか、という点を曖昧にしている印象があります。
 
 たとえばマイクロソフトは、「あらゆるデバイスでWindows 10とユニバーサルアプリが動作し、共通のユーザー体験を提供する」というメッセージを出しています。ただ、それはあくまで基調講演などで一般向けに見せる“デモ”の世界であり、売り物になるプロダクトやユーザー体験を作る上では、それぞれのデバイスに向けた作り込みや最適化は避けられません。
 
 また、我々はWindows 10が動作する“あらゆるデバイス”を、それほど多く持っていません。PCやタブレットに比べて、XboxやWindows Phoneを持っている人はだいぶ少ないのが現実です。HoloLensやSurface Hubに至っては、ほとんど未知の存在です。むしろ、いま家庭にあるデバイスはiPhoneやAndroid、ちょっと古いフィーチャーフォンではないでしょうか。
 
 果たしてWindows 10を入れることで、2-in-1でもタッチ対応でもRealSenseカメラ搭載でもない、平均的なPCでどういうメリットが得られるのか、という点が気になるところです。
 
個人向けはMac、法人向けはWindows 7モデルの動向に注目か
 
 最近、“PCに触れる若者が減ったことで、動画編集や作曲(DTM)に新規参入する人が減っている”という声を耳にする機会が増えています。
 
 たしかにスマホやタブレットでも、短いブログを書いたり、写真にエフェクトをかけてSNSで公開するなど“コンテンツ”を作る環境は整備されつつあります。しかしパワーのあるPCほど凝ったことはできないことも事実です。
 
 ただ、PCメーカーの中でアップルは出荷台数を伸ばしており、IDCの調査でも16.1%と大幅に伸びています。その売り場のすぐ隣には、タブレットで最も売れているiPadという強力なライバルが並んでいることを考えれば、異例の事態といえます。
 
 その要因のひとつとして、スマホユーザーの増加に伴い、自分でもアプリを作ってみたいと考えるユーザーが増えていることが挙げられます。MacではiPhoneとAndroidのアプリを両方作れる上に、Web開発のツールも揃っています。以前に比べると“億万長者”になれる機会は減っているものの、月に数万円程度を稼げる可能性がそれなりにあるのが魅力です。
 
 また、Macユーザーの中には「仕事がWindowsなので、家では触りたくない」という人も多い印象です。逆に言えば、Windowsはまだまだ企業インフラにとって最重要の存在であり続けています。Windows 10では新ブラウザーとしてMicrosoft Edgeが搭載されるものの、IE11も残されており、IEに依存したWebベースの業務システムもそのまま利用できるでしょう。
 
 注目は、企業やビジネスユーザーに人気の高い”Windows 7モデル”が今後どうなるのか、という点です。すでにPCメーカーはWindows 10 ProからWindows 7 Professionalへのダウングレード対応を表明しているところもあり、基本的には現行の”8.1から7”と同じ仕組みが継続されるものとみられます。
 
 登場直後のWindows 10を採用する企業は少ないと思われるものの、今後の運用を考えればWindows 7の延長サポートが2020年に期限を迎える点も気になるところ。ギリギリまで7を使い続けるのか、安定感の出てきた8.1に移行するのか、それとも一足飛びに10を採用するか、という選択肢に悩むことになりそうです。
posted by えくぼ at 06:41 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Microsoft Store (マイクロソフトストア)