iphone xperia ipad PC活用術 無料で楽しむ ツール コピー エミュ ゲーム

2015年10月26日

<プロ野球>高橋由伸監督が就任会見「覚悟持ってまい進」



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア


<プロ野球>高橋由伸監督が就任会見「覚悟持ってまい進」
毎日新聞 10月26日(月)19時39分配信

<プロ野球>高橋由伸監督が就任会見「覚悟持ってまい進」
就任会見後、ポーズを取り記念写真に納まる巨人の高橋由伸新監督=東京都内のホテルで2015年10月26日、竹内幹撮影
 来季からプロ野球・巨人を指揮することが決まった高橋由伸新監督(40)の就任記者会見が26日、東京都内のホテルで行われた。高橋監督は「自分らしさも出しながら、不安もあるが覚悟を持ってまい進したい」と決意を語った。3年契約で、背番号は現役時代と同じ「24」に決まった。

【学生姿の高橋、仮契約後にミスターと握手】

 監督就任の要請を受諾することで、18年間の現役生活に終止符を打つことになった。高橋監督は「(ここ数年は)いつ引退してもいいという覚悟で続けてきたが、どこで線を引けばいいのかという迷いもあった」と複雑な心境を吐露しながらも、監督就任を要請されて「(迷いを)振り切る意味で、僕にとって大きな出来事、決断のきっかけになった」と説明した。

 今季は、チーム打率がリーグ最低にとどまった貧打も響き、4年ぶりに優勝を逃した。高橋監督は打者では阿部、長野、坂本、投手では菅野、内海の名前を挙げ、「このあたりが中心にならないと強いチームにはならない」と強調。チームでは所属3投手の野球賭博関与が明らかになったばかりとあって「グラウンド内外で一社会人として規律のある集団でないといけない」と力を込めた。

 記者会見に同席した白石興二郎オーナーは原辰徳前監督(57)の野球の継承を望みつつも、「継承するだけでなく、高橋流のチームの作り方がある。必要な時間を考慮しながら新監督が思う存分、指揮できる環境作りをしたい」と全面支援を約束。長嶋茂雄元監督は球団を通じ、「己を捨て、チームのために立派な決断を下してくれた。若い目線、新しい視線でチームをとらえ直してほしい」とコメントした。

 また、球団は原前監督が来年元日付で球団特別顧問に就任すると発表した。【平本泰章、中村有花】
posted by えくぼ at 21:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「世界競争力ランキング」日本6位 韓国は「教育の質低い」、中国は「1位は市場規模だけ」



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア


「世界競争力ランキング」日本6位 韓国は「教育の質低い」、中国は「1位は市場規模だけ」
ZUU online 10月25日(日)6時10分配信

「世界競争力ランキング」日本6位 韓国は「教育の質低い」、中国は「1位は市場規模だけ」
「世界競争力ランキング」日本6位、意外な中国の順位とは?(写真=Thinkstock/Getty Images)
 世界経済フォーラムによる「競争力ランキング」が発表され、日本が総合順位で昨年と同じく6位であることが分かった。1位、2位は昨年と同じくスイス、シンガポール。近隣国では韓国が26位、中国は28位と振るわなかった。ランキングは世界経済フォーラムが毎年まとめているもので、「競争力」「市場規模」「R&D(研究開発)への投資」などの項目ごとに順位も出ている。140カ国あるうちの上位国・地域のランキングと、日中韓の寸評を確認してみよう。

■ランキングトップ20 1位はやはりスイス

 1位 スイス
 2位 シンガポール
 3位 米国
 4位 ドイツ
 5位 オランダ
 6位 日本
 7位 香港
 8位 フィンランド
 9位 スウェーデン
 10位 英国

 11位 ノルウェー
 12位 デンマーク
 13位 カナダ
 14位 カタール
 15位 台湾
 16位 ニュージーランド
 17位 UAE
 17位 マレーシア
 19位 ベルギー
 20位 ルクセンブルク

■日本 6位 「雇用と解雇の柔軟性」と「女性雇用者数」はいまだ低い

 素晴らしいインフラと世界一健全な労働力に加え、平均寿命80歳以上という長寿国、日本。今年の「競争率ランキング」ではレーダーチャート上に示された12つの指標中、半分以上の項目で向上が見られた。消費増税によってそれなりのインフレが起き、国債などの財務状況が悪い中でも、特に「マクロ経済環境(121位)」が伸びているのが分かる。

 「競争力」を発揮することが難しいとされる分野でも成果をあげ、「ユニークな製品と生産工程の導入」「世界最高の地元供給業者からの恩恵」では1位。「技術力溢れるビジネス」「国際流通の統制」では2位を獲得。

 同様に「R&D(研究開発)への投資(2位)」「科学者と技術者の知識の高さ(3位)」「質の高い調査機関(7位)」が、「革命性の高い環境(5位)」に貢献しているという評価を受けている。また「健康と初等教育」では4位に」という結果に。

 開発面では「生産物市場」と「経済市場」が過去7年間緩やかな一定ペースで向上し、今年は11位と19位にランクアップ。「組織」も順調に上昇し13位に落ち着いた。「市場規模(4位)」も安定、「新しいテクノロジーの採用(13位)」には積極的で、「スマートフォンの普及率(5位)」では世界最大国の一つに数えられいる。

 今年初めてトップ10から圏外落ちし、他国に遅れをとる結果となった「人的資本(21位)」の強化が今後の課題となるだろう。「労働市場の柔軟性」は全体的に改善され15位までのぼりつめたが、「雇用と解雇の柔軟性(123位)」と「女性雇用者数(83位)」は未だ評価が低い。

■韓国 26位 先進国と比べて「教育の質」が低い

 財産権や法律制度などが改善されたことにより、ほぼ10年ぶりに韓国最大の弱点である「組織」に向上が見られる。先進国の中ではまだまだ遅れをとっているが、昨年の82位から69位に大幅ランクアップ。

 「生産物市場」は33位から26位に、「国内競争」は42位から34位に上昇。「マクロ経済環境」では日本より大きく先を行きトップ5に食い込んでいるほか、「健全なインフラ(13位)」も評価されており、「エンロールメント率」では首位を獲得。

 しかし「革命性の可能性(19位)」は年々落ち込んでおり、「経済市場(87位)」の伸びも失速している。またほかの先進国と比べて「教育の質(35位)」が低く、「労働市場の柔軟性(121位)」にも著しく欠ける。日本同様「女性雇用者数(91位)」が上昇しておらず、「人的資本」の強化が求められている。

■中国 28位 唯一首位に輝いたのは「市場規模」のみ

 昨年と変わらず28位をキープした中国。パフォーマンスという点ではここ6年間目立った変化が見られない。生産コストの増加、高齢化社会、そして過去30年間にわたる巨額資本投資の利益減少など、数々の問題に直面している。

 レーダーグラフを見る限り改善すべき点が山積みのように思えるが、特に「信頼性と自信(76位)」を強化しつつ「経済市場の発展(54位)」に力を入れ、「新しいテクノロジーの採用(79位)」に前向きな姿勢で取り組んでいくことが、新たな成長につながるのではないかと予測される。韓国よりも更に「教育の質(初等44位、高等68位)」が低いという点も重要視されるべきである。

 中国が唯一首位に輝いたのは「市場規模」だ。また「マクロ経済環境」も8位と、共に日本より上位にランクインした。(ZUU online 編集部)
posted by えくぼ at 13:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<携帯電話>販売適正化へ、クーリングオフ適用は是か非か



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア



<携帯電話>販売適正化へ、クーリングオフ適用は是か非か
毎日新聞 10月24日(土)9時31分配信

<携帯電話>販売適正化へ、クーリングオフ適用は是か非か
東京都内で=関口純撮影
 安倍晋三首相が携帯電話料金の値下げを指示した問題を話し合うタスクフォースの第1回会合が10月19日に開かれた。このニュースの陰に隠れてしまったが、総務省でもう一つ、重要な会合が開かれた。移動通信サービスに、初期契約解除制度(いわゆるクーリングオフ)を適用するかしないかを検討する会合だ。情報通信政策に詳しく、適用に反対の立場をとる野村総合研究所上席コンサルタントの北俊一さんに問題点を聞いた。

 クーリングオフ制度が携帯電話に適用されれば、契約締結から8日間は、通信事業者の同意がなくても、つまり、理由がなくても契約を解除することが可能になる。

 ここまでの経緯を簡単に説明しよう。

 ここ数年、フィーチャーフォンやスマートフォンなどの販売や利用に関する苦情・相談件数が一向に減らない状況が続いている。これに業を煮やした内閣府の消費者委員会が、苦情・相談削減に向けて抜本的に対応するよう総務省に要請した。そこで総務省は2014年2月から、「ICTサービス安心・安全研究会」と、その下の「消費者保護ルールの見直し・充実に関するワーキンググループ」で議論を進めてきた。

 ワーキンググループは14年夏、店頭販売、電話勧誘販売、訪問販売などの販売形態を問わず、すべての電気通信役務(移動通信サービス、光ファイバーなど)に「クーリングオフを適用すべきだ」という中間報告をとりまとめた。

 ワーキンググループ構成員の筆者は当時、消費者トラブルに対する業界の取り組み姿勢が生ぬるく、たくさん売れれば少々のトラブルには目をつぶるという体質が続く限り、クーリングオフ適用はやむを得ないと考えていた。特に、光ファイバーの訪問販売、電話勧誘販売では耳を疑うような悪質な勧誘が行われていたからだ。

 しかし、その後ケータイショップで働くスタッフや代理店から意見を聞くにつれ、店頭販売が大半を占める携帯電話にクーリングオフを適用すると、多少のトラブルを防ぐことはできても、販売現場に大きな負担がかかることが分かってきた。

 携帯電話販売代理店業界にとって、クーリングオフの話は寝耳に水だった。ティーガイアやコネクシオ、ベルパークなどの大手代理店を中心に会合がもたれ、総務省などに対して、現場からの声を伝えるべく奔走した。

 しかし、「適用されると困る」と訴えるだけでは説得力がない。そこで、ショップからトラブル事案をタイムリーに収集し、それを類型化して、通信事業者と一体となって対応方策を検討し、実践するための業界団体を創設することを宣言した。

 14年12月には、異例の早さで全国携帯電話販売代理店協会(全携協=NAMD)が設立された。

 その後、数回の会合を経たワーキングループは14年12月の最終報告で、改正電気通信事業法に、電気通信役務に対するクーリングオフ適用を盛り込むことを決めた。しかし、業界の素早い対応を踏まえて「対象役務については総務大臣が指定する」ことになった。

 さらに、クーリングオフはサービス契約だけを対象とし、端末は対象外とした。携帯電話は一度でも使えば中古品になるため、返品されても新品としては売れない。このコスト負担の問題が、重くのしかかったためだ。

 15年5月、改正電気通信事業法が成立、公布された。そして19日は、クーリングオフの対象を省令・告示に盛り込む検討会の最終回だったのだ。

 意見は、適用と除外に真っ二つに割れた。全国消費生活相談員協会、主婦連合会、全国地域婦人団体連絡協議会の3消費者団体は、移動通信サービスを含むすべての役務へのクーリングオフ適用を迫った。

 筆者は反対意見を表明した。確かに、移動通信サービスにクーリングオフが適用されれば、8日以内に理由なく携帯電話の契約を解除できる。2年縛りであっても違約金を払う必要はない。しかし、端末はユーザーの手元に残る。これが新たなトラブルを生むことが容易に想像された。

 このトラブルを回避するためには、携帯電話の販売時に、クーリングオフについて顧客にしっかりと説明をする必要がある。この説明で契約手続きが長時間になり、顧客の店頭での待ち時間が増えると、顧客サービスの低下につながるだろう。

 また、ショップスタッフにとっては、量販店や併売店など他の店舗で十分な説明を受けないまま契約した顧客が、やっぱり解約したいと言えば、契約解除の対応をしなければならない。それも、期間は8日以内と決まっている。9日目には延ばせないのだ。これがまた新たなトラブルを生みかねない。

 一方、契約してみたものの、家の中や会社などよく使う場所で電波が入らないから解約したい、というユーザーに対しては、3キャリアーから「お試しサービスの充実」が提案された。電波が入らないことが理由であれば、サービス契約だけでなく、端末まで返品することができる措置だ。

 よく分からないまま言葉巧みに契約させられた、という消費者救済のため、クーリングオフを適用すれば、多くのコストがかかり不便さも増す。圧倒的多数の健全な取引に多大なコストと不便さを強いることになり、かえって一般消費者の利益と国民経済の発展を阻害することになりかねない。法改正によるせっかくの効用を、副作用が打ち消してしまうのだ。

 もちろん、今回クーリングオフ適用が猶予されたとしても、これで終わりではない。業界一丸となって販売適正化、健全化に努めてほしいし、それでもトラブルが減らなければ、甘んじて適用を受けるべきだ。

 今後、総務省電気通信事業部会の承認、パブリックコメントを経て、省令・告示が改正される。携帯電話業界の取り組みに水を差すような結果にならないことを望んでいる。
posted by えくぼ at 13:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人 見えてきた「由伸政権」の顔ぶれ



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア


巨人 見えてきた「由伸政権」の顔ぶれ
東スポWeb 10月26日(月)11時1分配信

巨人 見えてきた「由伸政権」の顔ぶれ
高橋由伸新監督
 巨人の次期監督に決まった高橋由伸監督(40)が26日に就任会見に臨む。新体制の本格始動に向け、フロントでは新監督を支えるコーチ陣の組閣が急ピッチで進められ、徐々に顔ぶれも見えてきた。

 高橋由が球団の監督就任要請を受諾して2日。まっさらだったコーチ人事が慌ただしく動きだした。新監督の参謀役となるヘッドコーチには、村田真一総合コーチ(51)が就任する可能性が浮上。同コーチは終戦直後から辞意こそ表明していたが、受理までには至っていなかった。また球団側は川相昌弘ヘッドコーチ(51)の留任を見込んでいたものの、本人が態度を保留。今後について「球団と話はしました」と語るにとどめていたが、ヘッド続投を固辞しているとみられる。

 そして二軍監督には2010年から一軍投手コーチを務めてきた斎藤雅樹コーチ(50)が就任する見込み。さらに高橋由の引退に伴い、24日に引退を発表した井端弘和内野手(40)は当初、ヘッドコーチに就任する案もあったが、内野守備走塁コーチに就任することが濃厚となっている。

 高橋由新監督は就任会見後、ジャイアンツ球場で行われている秋季練習の第2クール初日となる28日から実質的な指揮を執る予定。スムーズな体制移行へ、フロントは待ったなしで人選を進めていく。
posted by えくぼ at 13:32 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FitEar初のハイブリッド型カスタムイヤモニ「Air」はこうして生まれた



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア


FitEar初のハイブリッド型カスタムイヤモニ「Air」はこうして生まれた
ITmedia LifeStyle 10月25日(日)2時0分配信

FitEar初のハイブリッド型カスタムイヤモニ「Air」はこうして生まれた
FitEar初のBA/ダイナミックハイブリッド型カスタムイヤーモニター「FitEar Air」
 須山歯研は、同社のFitEarブランドから、初のバランスド・アーマチュア型(以下、BA)ドライバーとダイナミックドライバーをハイブリッドで搭載するカスタムイヤーモニター「FitEar Air」を「秋のヘッドフォン祭2015」の会場でお披露目した。

フェイスカラーのバリエーションは全6色

 新製品の「FitEar Air」は、フォステクス製の9ミリダイナミック型ドライバーと、BA型ドライバーをハイブリッドで搭載。銀メッキ処理の4芯線ケーブルは本体着脱式とし、プラグは3.5ミリ形状のオヤイデ製ステレオミニプラグを採用した。今春のヘッドフォン祭で限定販売されたカスタムイヤーモニター「萌音17歳」と同じものを採用している。

 もう1つの特徴は、ブラックのイヤーシェルに組み合わせるフェイスプレートがオレンジ、赤、青、黄、白、黒の6色から選べるようになること。ただし、片側ずつ色を互い違いに選ぶことはできない。なお、オレンジは今回のコラボレーションのパートナーであるフォステクスカンパニーのコーポレートカラー、黄色は本製品のテーマカラーとなっている。

 価格はオープンで、実売価格は10万円台になる見込み。一般発売の時期は未定だが、秋のヘッドフォン祭の会場では先行販売も行われている。また初日の午後には会場の中野サンプラザで発表会を開催し、社長の須山慶太氏が新製品の開発経緯や詳細を壇上で語った。

●いくつもの試練を乗り越えて完成した「FitEar初のハイブリッド型カスタムイヤモニ」

 須山氏は、「かねてよりBA型とダイナミック型の長所が理想的にマッチしたハイブリッド型のイヤフォンを作りたいと考えていたが、そのためにはいくつかの課題をクリアする必要があった。BA型のドライバーは密閉された空間でも鳴らせるが、単体では再生できるレンジが狭いという弱点があり、音楽を聴くためのイヤフォンに採用するために複数のユニットを組み合わせてレンジを広く取るマルチドライバーのアプローチが採用されてきた。これに対して、ダイナミック型のドライバーは一発でもレンジを広く取れるが、密閉空間でうまく鳴らすことができないのが弱点」と各ドライバーの特徴を説明した上で、「FitEar Air」の開発経緯を語り始めた。

 「カスタムイヤーモニターは、耳の中に音楽を楽しむための静かな環境を作り出すことが1つのテーマ。ところが耳穴の中に入れられるイヤフォンの音響スペースの容積はわずか数cc。完全密閉された空間にダイナミック型のドライバーを入れてしまうと、振動板に気圧変化による動作規制が生じてしまう。そのため、一般的な改善方法としては『ベント』と呼ばれる小さな穴をつける」。シェルに小さなベントを設けることで圧を緩和しつつ、ドライバーの自由な動きを確保するというわけだ。ところが、このベントを付けることで新たな課題が発生する。

 「アウトドアなど騒がしい場所で使うと、このベントから外部騒音が侵入したり、聴いている音が外に漏れる原因にもなる」

 そこで「FitEar Air」では今回、ベントに代わる新しいアプローチとなる「ショートレッグシェル」を新規に開発した。その名が示す通り、通常のカスタムイヤーモニターよりも耳穴の中に納まるノズルを“短く”設計することで、気圧変化の幅を最小限に抑えながら、ダイナミック型振動板の動作規制を解消。同時に高い遮音性を維持することに成功した。

 須山氏はこれまで、ハイブリッド型のイヤーモニターを実現するためにシュアの製品をベースに試作機を作ってみたり、独自に色々なトライアルにチャレンジしてきた。試作ベースではある程度音に納得がいくものを作ることができたとしても、それを次のステップとして「商品」のベースで形にしていく過程でもまた、新たな課題に出くわしたのだという。

 それは、優れたダイナミック型のドライバーを安定して調達することの難しさだった。須山氏は独自にさまざまなユニットを探し求めた結果、フォステクスカンパニーが開発したシングルフルレンジタイプの「382326」という9ミリのドライバーユニットに出会った。

 「密閉されたシェルの中に配置してみても、すごく良く音が鳴るほどユニットの素性が良好だった。そこでフォステクスカンパニーに繰り返しラブコールを送ったところ、フォステクスカンパニーの山口氏に出会い、協力を仰ぐことができた」と振り返る。

 記者会見にはゲストとしてフォステクスカンパニーの山口創司氏も参加し、同社のドライバーユニットの特徴についてコメントした。「ユニットのOEM事業も行っているフォステクスカンパニーでは、スマートフォンに同梱(どうこん)されるイヤフォンなど大量に生産して供給することも行っている。大量生産のビジネスモデルでは不良率を極限まで下げ、品質のブレを抑えることが非常にシビアに求められる。カスタムイヤーモニターのような超密閉空間では、左右の品質誤差も如実に表れてくる。そのため商品の品質管理には絶対の自信を持っている」

 今回「FitEar Air」に採用された9ミリのダイナミックドライバーについては、通常のダイナミックドライバーよりも密閉空間に搭載しても高音質が損なわれない点が大きな特徴であるという。「今回カスタムイヤーモニターの製作に声をかけてもらったことで、フォステクスのドライバーユニットの良いところや強みが新たに発見できた部分もあった」と山口氏。

●「FitEar Air」はどんな音を目指したのか

 「FitEar Air」の音質設計について、須山氏はそのイメージをこう語っている。「ダイナミック型フルレンジドライバーの瑞々しくよどみのない音の連続性を最大限に生かすことが最も重要なテーマ。外出先での利用がメインになるので、高い遮音性を持たせて広いダイナミックレンジが再現できる環境を目指した」。須山氏が壇上で示した音響特性のグラフを見ると、ダイナミックドライバーによる再生帯域から凹むところをBAドライバーで埋めるような、両ドライバーの補間的な関係性がみえてくる」

 「ショートレッグシェル」の発想が生まれた背景には、FitEarならではの“とんちエンジニアリング”が奏功していると須山氏は語る。「密閉空間の空気容積を拡大しながら、気圧変化によるドライバーへの影響を下げる手段を考えてたどり着いた手法。ノズルを短くしたことで、音道となる穴の形状や長さについても自由度が高くなって、各帯域の音を均質なバランスにする効果も生まれた」

 ノズルが短くなる分、耳穴の中に触れて収まるタッチポイントも少なくなるので、装着の安定感や密閉性に影響は出ないのだろうか。本機ではシェルの厚みに工夫を加えて、耳穴に挿入した際にわずかに押し広げるようにフィットするよう設計し、遮蔽性を高めている。昨今では0.1ミリ単位で微細な加工ができる3Dプリンターによるモデリングを活用することで、正確性の高い形状にできるのだという。

 「FitEar Air」のファーストインプレッションについては、壇上でオーディオライターの佐々木喜洋氏がコメント。「耳に入れるノズルは長い方が良いと思っていたが、FitEar Airを実際に装着してみたらかなり安定した。遮音性も従来のカスタムイヤーモニターと変わらない。音質はダイナミックドライバーの音が支配的に感じられる、迫力があって骨太な響き。Ak Jrとの組み合わせにもいいはず。BAドライバーのみだと“か細く”なりがちなところもフォローする。反面ダイナミックだけだと甘くなりがちなフォーカスはBAドライバーとのコンビネーションによって鮮明に出してくる」

 須山氏が「FitEar Airを生んだ、もう1人の立役者」として、フォステクスカンパニーのプレジデントである高橋洋一氏が壇上で紹介された。高橋氏は本機のプロトタイプを試した時のことを振り返りながら、「初めてカスタムイヤーモニターを試す機会となった日に、イヤフォンを着けていることを忘れてしまうぐらい、リスニングに没頭しながら車を運転してしまい、慌ててイヤフォンを外したことがある。私が体験したことのないような極上の体験だった。その後即座に、今回のコラボレーションのプロジェクトを進めようとゴーサインを出した」とエピソードを披露し。須山氏は「周りの色々な方々からの力添えを受けて、FitEar Airを商品化することができた」と感慨深げに語っていた。

 なお、今回の「FitEar Air」を購入したユーザーには完成時に商品とともにe-onkyo musicで利用できる3500円ぶんのアルバムダウンロードクーポンが付属してくるという。また、10月25日まで開催されるヘッドフォン祭で、FitEar製品を購入された方すべてにクーポンがプレゼントされることも決まったようだ。
posted by えくぼ at 12:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Microsoft Store (マイクロソフトストア)