iphone xperia ipad PC活用術 無料で楽しむ ツール コピー エミュ ゲーム

2011年06月29日

iPadを充電する方法


ipad買ったもののパソコンで充電できずこまっている人はこれだ!
ipad&ipad2ユーザーはぜひ

iPad iPad2 充電&同期ケーブル PCのUSBポートからiPadを充電 充電・同期の切替可能 iPhone iPod対応 500-USB008


iPhoneと違って10時間も持つんだからバッテリーは心配ない、といっても充電は必要。そこで充電方法をいくつかご紹介します。もっとも速いのはどれでしょう。

定番なのがUSBを使っての充電。しかし気をつけなければならないのは、ハイパワーUSBでないと充電できない点。

今回比較するのはiPadの標準電源アダプタ、Griffinの PowerBlock iPad充電器、iPhoneの標準電源アダプタ、そしてMacBook ProのUSBポートの4種類。いわゆる急速充電、80%になるまでの充電時間をそれぞれ計測しました。残りの20%はバッテリーを保護するためゆっくり充電するので、フル充電までの時間を計測してもあまり比較にならないためです。

まず仕様比較から。iPad充電器とGriffinのPowerBlockはどちらも 5V 2.1A(〜10W)。iPhone標準、コンパクトな電源アダプタは 5V 1.1A(〜5W)。MacBook Pro USBポートはちょっと複雑。我々が使ったのは最新モデルのMacBook Proで、これは 5V 500mAですがiPadなどをつなげるとハイパワーポートとなり 1.1Aまで電流を流して、だいたいiPhoneの電源アダプタと仕様上同等になります(ただしこれらのアダプタはすべて自動判別で出力を変化させるため、iPhoneを挿したからといって速く充電できるわけではありませんので、念のため)。

テストは毎回3G回線経由でNetflixビデオをストリーミング再生し、6時間30分かけてバッテリを消費。その後80%まで充電できるまでの時間を計測しました。
 


GriffinのPowerBlockはiPad標準電源アダプタよりも高速で約2時間30分。とはいえ差は僅かなので標準アダプタを捨ててまで買い換える必要はないかなあ。買い足す場合の候補には標準より安いしいいかも。ただし現在安売りされているものはiPadの2.1Aに対応したものではないので買う場合は要確認です。

USBポート充電は見ての通りあまりお勧めできません。7時間以上もかかる上、USBポートによってはiPadを充電できないこともあり注意が必要なので、素直にiPad電源アダプタを持ち歩いた方が無難でしょう。

ということで順当といえば順当な結果でした。実はバッテリーテストの方法を決めるのが一番大変だったんですけどね。…

http://www.excite.co.jp/News/net_clm/20100513/Gizmodo_201005_ipad_52.html?_p=1

→続報を見る

→他の情報も見る


【トップへ戻る】



Micro-USBケーブル(通信・充電切替スイッチ付き) MBCSW
posted by えくぼ at 23:04 | Comment(0) | お買い得品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)