iphone xperia ipad PC活用術 無料で楽しむ ツール コピー エミュ ゲーム

2016年04月14日

ヒロミ、冠番組降板はディレクターと取っ組み合い「こんなことやるために芸能界に入ったんじゃねえ」



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア


ヒロミ、冠番組降板はディレクターと取っ組み合い「こんなことやるために芸能界に入ったんじゃねえ」
サンケイスポーツ 4月13日(水)17時44分配信

ヒロミ、冠番組降板はディレクターと取っ組み合い「こんなことやるために芸能界に入ったんじゃねえ」
ヒロミ(写真:サンケイスポーツ)
 タレント、ヒロミ(51)が12日深夜放送の日本テレビ系「ずっと引っかかってました。〜ヒロミ&ジュニア心のとげぬき屋〜」に出演し、B21スペシャル時代に番組ディレクターとけんかし、降板させられたことを明かした。

 番組では、B21スペシャル時代のエピソードをVTR出演したミスターちん(52)が証言。ヒロミが当時、番組ディレクターらに「口答えしてんじゃねーよ」とつかみかかったり、暴力を振るうなど現場でやりたい放題。常にピリピリムードだったと証言した。

 数々の出来事の中でもっともひどかったのは、デビューして2年ほどたち、テレビ東京で冠番組を持ったときのこと。番組内容が気に入らないヒロミがディレクターと取っ組み合いのけんかをしたことを明かした。次の週から番組を降板になったという。

 スタジオではヒロミが、旅に行くロケなどが行われることに反発。「てめー、ふざけんじゃねえ。こんなことやるために芸能界に入ったんじゃねえ」とディレクターに激怒したと告白。「その当時はコントとかやりたかったんだろうね」と振り返った。

 そのようなことを繰り返し、迷惑をかけていたのが当時所属していた人力舎の故・玉川善治社長。その後、ヒロミは事務所を退社し独立。玉川社長が亡くなったとき、迷惑をかけた際に頭を下げてくれていたことを先輩たちから明かされ感謝してもし切れない、とした。

 また、玉川社長は、ヒロミが遅刻して生放送に行かなかった際にともに頭を下げてくれたという。フジテレビから「お前ら(芸能界)干すから」と出入り禁止になったときにも、番組に行かなかった理由が米ニューヨークに行っていたことだったことに「これでまたニューヨークに行けるな」と洒落のきいた言葉をかけられ、「この人すごい」と思ったというエピソードも明かした。
posted by えくぼ at 22:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松雪泰子が放つセレブオーラに「河北麻友子の残念感が際立つ」 “峰不二子”姿披露を望む声も



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア


松雪泰子が放つセレブオーラに「河北麻友子の残念感が際立つ」 “峰不二子”姿披露を望む声も
おたぽる 4月12日(火)12時0分配信

松雪泰子が放つセレブオーラに「河北麻友子の残念感が際立つ」 “峰不二子”姿披露を望む声も
松雪泰子インスタグラムより
 4日、女優の松雪泰子が自身のインスタグラムに「お出掛け…pariでであったnew」と、買ったばかりのサングラスをかけた姿を投稿。これには「セレブ感が半端ない!」「今でも白鳥麗子役できるのでは?」と、ファンからの称賛が絶えない。

「松雪は現在43歳で、女優歴はすでに25年にも及び、これまでに数々の映画やドラマに出演。今月24日から始まるドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』(テレビ朝日系)では、主演の竹野内豊の相手役を務めるなど、今でも第一線で活躍を続けているのですが、その代表作といえば、やはり1993年に放送されたドラマ『白鳥麗子でございます!』(フジテレビ系)を挙げるファンは少なくないのではないでしょうか。このドラマで松雪は、『オーホホホホホ!』という高笑いなど、印象的な演技を披露し、プライドが高くて思い込みの激しいお嬢様・白鳥麗子役を見事に演じ切り、ブレークのきっかけを掴みました。原作ファンからも『これほどのハマリ役はいない』と大絶賛されていただけに、今年1月から河北麻友子主演でリメークされると発表された際には『お嬢様育ちってだけでキャスティングするなんて安直すぎる』『松雪の白鳥を超えられるわけがない』と大ブーイングが沸き起こり、その指摘通り、ドラマが放送されると『河北じゃ存在感が足りない。残念感が際立つのみ』『松雪版を再放送した方が視聴率稼げるのでは?』と、酷評を下されてしまっているようです」(芸能関係者)

松雪といえば、笑福亭鶴瓶いわく“おっさん”な性格でもファンを虜にしているようだ。

「松雪と鶴瓶は、1996年に放送されたドラマ『硝子のかけらたち』(TBS系)で共演しているのですが、キャスト陣で飲みに行くことが多かったらしく、鶴瓶は松雪が大酒飲みであること、さらに酔っ払った松雪がオープンカーで寝てしまい、雨でびしょ濡れになってしまったというエピソードを明かし、『おっさんですよ』と指摘していたことがあり、『男前だな〜』『豪快なところが魅力』と、美しい見た目とのギャップにファンは虜となったようです。また、松雪は大型自動二輪の免許を持っていて、バイク雑誌の表紙を飾るなど、バイク好きであることはファンの間では有名なのですが、かつて、“峰不二子のように黒の皮のつなぎで乗り回す”という主旨で、『チーム極悪』というバイクチームを組んでいたことがあるため、『峰不二子姿見たい!』『いっそのこと、映画化して欲しい』と、ファンからの要望は少なくないようです」(同)

08年に公開された映画『デトロイト・メタル・シティ』では、金髪に皮ジャン、ミニスカート姿で、「ファック」が口癖というぶっとんだ役を演じ、「原作通り」と原作ファンを唸らせ、「松雪主演でスピンオフ映画を」と、期待が寄せられているようだ。
posted by えくぼ at 22:36 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田口淳之介、今後は熊本で小嶺麗奈の実家の事業をサポート



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア




田口淳之介、今後は熊本で小嶺麗奈の実家の事業をサポート
週刊女性PRIME 4月12日(火)16時0分配信

田口淳之介、今後は熊本で小嶺麗奈の実家の事業をサポート
田口淳之介、今後は熊本で小嶺麗奈の実家の事業をサポート
 3月いっぱいでKAT-TUNとジャニーズ事務所から去ってしまった田口淳之介。脱退発表の直後、小嶺と小嶺の母親は都内を離れ、静岡県内にある田口名義の家に移動。ツーショットはおろか、小嶺の姿を確認することはできなかった。

 しかし、脱退した直後から田口と小嶺は同居を再開。都内マンションにふたりで帰宅する姿が確認できた。

 新生活を始めたばかりだが、この場所でこれからもずっと暮らしていくわけではないという。今後は九州に拠点を移すというのだ。

「熊本県にある小嶺さんの実家は、数年前に改築して事業を始めました。高齢者向けのケアハウスを運営しているんです。今は親戚の方が責任者を務めています。彼女はもうほとんど芸能活動をしていないので、準備ができ次第、実家に戻ってお手伝いをするそうです。田口クンも小嶺さんと一緒に熊本に行くと聞いていますよ」(小嶺の知人)

 田口が手伝うという施設は鉄筋コンクリートの5階建てで、総戸数が40という立派なもの。バリアフリーで食事や生活支援のサービスもあり、高齢者がマイペースでゆったり暮らせるようになっている。

「こちらは、国土交通省が進める高齢者向け優良賃貸住宅供給助成事業に基づく賃貸住宅ですね。高齢化が進む日本では、将来有望な事業と言えるでしょう」(社会部記者)

 田口がビジネスに直接関わるというのは想像しにくいが、彼は事業家としての確かな目を持っているようだ。
posted by えくぼ at 22:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<News Navi>人気ドラマ「相棒」5代目に「仲間由紀恵」が浮上のワケ〈サンデー毎日〉



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア





<News Navi>人気ドラマ「相棒」5代目に「仲間由紀恵」が浮上のワケ〈サンデー毎日〉
mainichibooks.com 4月14日(木)12時10分配信

 ◇5代目に「仲間由紀恵」が浮上のワケ

水谷豊(63)主演のテレビ朝日の人気ドラマシリーズ「相棒」。10月から放送されるシーズン15は、4代目相棒の反町隆史(42)に代わり女優の仲間由紀恵(36)が5代目相棒に浮上しているという。

「3月に終了したシーズン14の最終回は、法務省から警視庁に出向していた反町演じる冠城亘(かぶらぎわたる)が警視庁に異動になって終わった。そのため、反町続投と思っている視聴者も多いかもしれませんが、次の相棒は仲間と囁(ささや)かれています」

 そう言うのは、番組事情に詳しい制作会社スタッフ。

「当初から反町起用は、1シーズンだけの約束だったとの情報もありますが、反町自身は意欲があるそうです。ただ肝心の視聴率が前シーズンより3%近くも低かった。そこで交代説が出ているのです」

 成宮寛貴(33)が3代目相棒を務めたシーズン13の平均視聴率は17・4%、反町が相棒を務めたシーズン14の平均視聴率は14・9%だった。

「水谷は視聴率を気にしますからね。そこで5代目は、4代目の時も浮上した仲間が有力になりつつあるのです」(テレ朝のドラマ関係者)

 仲間はシーズン13で、子持ちの警視庁広報課長としてゲスト出演したことから、4代目相棒の筆頭候補に挙がったが、故・森光子さんのライフワークだった舞台「放浪記」を受け継いだことからスケジュールが合わず、立ち消えになった。

「『放浪記』は劇中で仲間が"ブス"と呼ばれるシーンがあるんです。美人顔の仲間では笑えない。そんなこともあり、舞台に不評の声もありました。それに公演は全国4都市105公演ですが、今年1月に終了した。今後は、他のドラマに出演して演技力に磨きをかけ、再び舞台に挑むともいわれています」(舞台関係者)

 舞台がなければ、秋から放送予定の「相棒」の収録スケジュールはクリアできそうだ。初の"女性相棒"が誕生するか、要注目だ。
posted by えくぼ at 22:29 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

ジョブズが語るiPadの優位性──他社は「相変わらずPC時代と同じ話ばかり」



Microsoft Store (マイクロソフトストア)






セール・バーゲン・お買い得情報

ゴディバ (GODIVA) キープセイク 6粒

PIZZA-LA

マイクロソフトストア




米Appleがサンフランシスコで開催した「iPad 2」発表イベント、壇上に現れたのは療養休暇中のSteve Jobs氏 (Apple CEO)だった。スタンディングオベーションで迎える聴衆に、まず「時間をかけて取り組んできた製品だったから、今日は欠席したくはなかった」と語った。しかし療養を中断して無理に参加しているような様子ではなかった。キーノート全体の半分以上を同氏が担当。iPad 2をアピールする姿はいつもと変わらず、iPad以外のタブレットの台頭に対しては「2011年はコピーキャット(猿真似)の年になるのか?」とJobs節を炸裂させていた。
iPhone出荷は1億台、App Storeから開発者への支払いは20億ドル

キーノートは、いつもと同じようにAppleのマイルストーン到達を紹介する情報アップデートから始まった。

iBookstoreでの本のダウンロード数の累計が"1億冊"を突破。またRandom Houseの同ストア参入を発表。これにより6大出版社が揃った
iTunes Store、App Store、iBookstoreを利用するためにクレジットカードを登録しているApple IDアカウント数が"2億"に到達。Amazonが同様のデータを公表していないが、「クレジットカード情報を備えたアカウント数では、おそらくインターネットで最多だろう」とJobs氏
App Storeを利用している開発者に支払った額の累計が"20億ドル"を突破
iPhoneの出荷数が1億台に到達

App Storeを利用するアプリ開発者への支払額の累計が20億ドルに

続いて、この日の本題であるタブレットに話題が移った。昨年1月末にJobs氏が同じ場所で自信満々にiPadを「マジカルで革新的な製品」とアピールしたときには、失笑するような反応も見られた。ところがiPadは、2010年に発売から9カ月間で1500万台が売れた。これは過去のTablet PCの販売台数の累計よりも多いそうだ。売上高は95億ドル弱。そしてタブレット市場において90%以上のシェアを獲得した。iPadが残してきた数字をふり返ると間違いなく「2010年はiPadの年だった」(Jobs氏)。

2010年、タブレット市場で敵なしだったiPad

2011年に入ってライバルがこぞってタブレットを投入し始めたことに話題を広げたところで、前述の「2011年はコピーキャットの年になるのか?」という皮肉を込めた一言。「Appleは何も(心配してはいない)……たぶん少しは、まぁちょっとぐらいかな。なぜなら、ほとんどのタブレットはまだ初代iPadにも追いついていないからだ」と断言し、そして「我々はさらに、とどまることなく先に進む」と述べてiPad 2を発表した。

iPad発売から1年と置かずに「iPad 2」を投入
65,000対100、歴然としたプラットフォーム力の差

iPad 2の仕様や機能についてはこちらの記事やレポートを読んでいただくとして、本稿ではキーノートにおいてJobs氏がいかにライバルのタブレットに対するiPad 2の優位性を説いたかにスポットライトを当てる。

iPad 2はカメラを搭載し、A5プロセッサの採用で処理能力が大幅に向上した。しかしハードウエア仕様だけを比較すれば、発表済みのAndroid Honeycombタブレットを凌駕するような内容ではない。むしろ採用企業の多いAndroidに早晩逆転されそうな様相になってきたように思う。それにも関わらずJobs氏がiPadのリードを確信しているポイントは2つ。「ポストPCデバイス」と「タブレット用アプリ」だ。

同氏はiPadを「第3のポストPCブロックバスター製品」と表現した。第1の製品は2001年に登場したiPod、第2の製品はiPhoneである。では、Androidタブレットは何なのかというと「タブレット市場に参入してくるグループは、これ(タブレット)を"次のPC"と見ている。ハードウエアとソフトウエアを異なった企業が手がけ、そして相変わらずPC時代と同じようにスピードやフィードの話ばかりをしている」とした。ポストPCデバイスは技術がユーザーのためのソリューションとなるような製品であり、ハードウエア/ソフトウエア/アプリケーションがシームレスな相乗効果を生み出す。PCよりも使いやすく、直観的に使用できるものであるべきだとした。

Jobs氏が指摘したポストPCデバイスの利用体験は、11日に登場するiPad用の「iMovie」(4.99ドル)と「GarageBand」(同)によく現れている。iMovieではビデオクリップを指先でトリムしたり、移動させたり、伸ばしたりしながら音楽や効果音も付けたビデオ作品に仕上げられる。GarageBandでは、たとえ楽器を弾けなくてもスマート機能を活用して誰でも上手に演奏でき、タブレット上で8chの演奏をミックスできる。どちらもプロ向けやハイアマチュア向けのアプリケーションではないものの、アマチュア離れしたビデオや音楽をだれでも簡単に作れるのがポイント。同じことをPCでもできるだろうか? 時間と努力を重ねれば可能だが、やはり一手間であり、一般ユーザーの多くにとっては始めるのに少し覚悟がいる。ビデオ編集や音楽制作のような専門色ただようエンターテインメントを、汗をかかずに簡単・身近に楽しめるところが、iPadがポストPCデバイスたる所以である。

「1GHz動作のデュアルコアプロセッサ」は、いまや驚くような仕様ではない。高機能なアプリがスムースに動作するタブレットは他にも存在する。だがiPad 2は同時に、8.8mmの薄さ、最長10時間のバッテリー駆動時間、iMovieやGarageBandなどに見られる直観的な操作を実現している。バランスのよい優れた利用体験は、まだまだライバルの追随を許していないというわけだ。

キーノートでは全体の3割ぐらいの長い時間がiMovieとGarageBandのデモに費やされた。Appleがソリューションを重視しているからだろう。ハードウエアスペックからでは、その製品がユーザーの必要を満たしてくれる製品、または便利な製品であるかは分からない。iMovieやGarageBandのようなハードウエアとOSの能力をアプリが十分に引き出す具体例を見せることでソリューションの可能性が伝わる。

iMovieとGarageBandはAppleによるアプリケーションだが、iPad 2で実現するソリューションの幅を広げるのはサードパーティのアプリである。現在App Storeでは350,000本以上のアプリが配信されているが、そのうちiPadに最適化されたアプリがすでに65,000本を超えている。Jobs氏によるとAndroid 3.0 Honeycomb向けのアプリは、せいぜい100本程度。プラットフォームとして比べると、タブレット市場におけるiOSとAndroidの差は依然として離れている。

キーノートの最後は「2011年は"iPad 2"の年になる」

http://if.journal.mycom.co.jp/news/2011/03/04/008/
posted by えくぼ at 18:49 | TrackBack(0) | iphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Microsoft Store (マイクロソフトストア)